牟岐町データ 海の生き物 PR

牟岐町で海の生き物を見よう!

タコ

タコ(蛸、鮹、章魚、鱆、学名:octopoda)は、頭足綱- 鞘形亜綱(en)- 八腕形上目のタコ目に分類される動物の総称。 海洋棲の軟体動物で、主に岩礁や砂地で活動する。淡水に棲息する種は知られていない。

英名octopusは、直接的にはラテン語「Octopus;オクトープス」の借用である。これは古典ギリシア語で「8本足」ὀκτώπους(oktōpous)を意味している。日本語では、標準和名の他にたこ章魚とも記す。

生物的特徴

複数の吸盤がついた8本の触腕を特徴とする。一般には「足」と呼ばれるが、学術書などでは「腕(触腕)」と表現されることが多い(英語でも arm [腕]と呼ぶ)。 見た目で頭部と思える丸く大きな部位は実際には胴部であり、本当の頭は触腕の基部に位置して眼や口器が集まっている部分である。すなわち、頭から足(触腕)が生えているのであり、同じ構造を持つイカの仲間とともに「頭足類」の名で呼ばれる所以がここにある。

その柔軟な体のほとんどは筋肉であり、ときには強い力を発揮する。

高い知能を持っていて、色を見分け、形を認識することや、問題を学習し解決することができる。例として、密閉された捻蓋式のガラス瓶に入った餌を視覚のみで認識し、ビンの蓋を捻って餌を取ることができる。また白い物体に強い興味を示す。身を守るためには、保護色に変色し、地形に合わせて体形を変える、その色や形を2年ほど記憶できることが知られている。また、1998年には、インドネシア近海に棲息するメジロダコ(en。右列に関連する画像あり)が、人間が割って捨てたココナッツの殻を組み合わせて防御に使っていることが確認され、2009年12月、「無脊椎動物の中で道具を使っていることが判明した初めての例」として、イギリスの科学雑誌『カレント・バイオロジー (Current Biology) 』に掲載された(これに先行すること数ヶ月、テレビ番組では特集が組まれ、二枚貝の貝殻や持ち運び可能な人工物を利用して身を守る様子が詳しく紹介された。動物の道具使用については別項「文化 (動物)」も参照のこと)。

血液中にはヘモシアニンという緑色の色素が含まれており、そのため、血液は青く見える。

オスは吸盤の大きさがメスに比べてばらつきがあり、また、8本の触腕のうち1本の先端は生殖器になっていて、これがメスの体内に挿入されることで受精が成立する(交接腕)。

危険を感じると黒い墨を吐き、姿をくらます。この墨は、イカのそれと比べてうま味(特にアミノ酸)が豊富に含まれているが、粘性が低く水に溶けやすいという点と、墨汁嚢が取り出しにくいという点から、加工がしにくく料理には適さないとされる。

外敵に襲われたとき、捕らえられた触腕を切り離して逃げることができ、その後、触腕は再生するが、時おり2本に分かれて生えることもあり、8本以上の触腕を持つタコも存在する。極端なものでは日本で96本足のあるタコが捕獲されたことがあり、志摩マリンランドに標本として展示してある。また、ストレスによって自分の触腕を食べることがあるが、このとき食べた触腕は再生しない。

寿命は短く、多くの種は1年程度であるが、日本で一般的なマダコは2〜3年ほどの寿命を持つ。 陸に打ち揚げられても30分程度は生きることができ、自由に行動ができる。稀に自ら水辺に這い出して獲物を捕獲することがある。

食物網における位置

食物網の中でのタコの位置(cf. 生態ピラミッド、捕食-被食関係)は、おおむね中間位の捕食者である。 タコの天敵として最もよく知られているのはウツボであるが、サメやタイの仲間もタコを好む。しかしこの捕食-被食関係も一方的なものではなく、稀にではあるが大型のタコが小型のサメを捕食することがある。また水族館では、ミズダコが同じ水槽で飼われていたアブラツノザメを攻撃し、死亡させた例もある。

他方、タコは甲殻類や二枚貝にとっての天敵であり、好んで捕食する傾向が強い。獲物に比して体格で勝るタコであれば、触腕が持つ強靭な筋力によって甲殻類の殻を砕き、きつく閉じた二枚貝の殻をこじ開けることができる。

人間もタコの天敵であるが、人間を見たことがない大型のタコは、潜水中の人を威嚇したり、ダイバーのレギュレーター(en)に触腕をからませ、結果としてダイバーの呼吸を阻害することもある。

水族館へ行こう

人間との関わり

食文化

タコは手近で美味なタンパク質の供給源として、世界各地の沿岸地方で食用されている。ユダヤ教では食の規定カシュルートによって、タコは食べてはいけないとされる「鱗の無い魚」に該当する。イスラム教やキリスト教の一部の教派でも類似の規定によって、タコを食べることが禁忌に触れると考えられている。

その他の文化

日本ではその形態、生態がきわめて特徴的でユーモラスでもあり、また、茹でると真っ赤になるなどといった性質から、漫画・映画・テレビ番組などでキャラクター化されることが多い(しばしば、胴体に鉢巻を巻いた姿で描かれる)。単純に馬鹿にする言葉としても「タコ」という呼称が使われ、転じて、馬鹿や初心者を指して「タコ」という表現もあちこちで見られる。同じ墨を吐く動物として、イカと対比されることが多い。

先述(#地中海世界、欧米)のとおり、地中海沿岸諸国では古来、タコは食用であり、身近な存在であった。しかし、ヨーロッパ中北部では「悪魔の魚」とも呼ばれ、忌み嫌われてきた。タコは潜水夫を丸飲みにするともいわれる。

神話・伝承

日本
  • 蛸神社(たこじんじゃ) :明浜の蛸神社。愛媛県西予市明浜町にある。
  • 衣蛸(ころもだこ) :京都府に伝わる蛸の妖怪。大蛸に変化して舟を海中に引きずり込むとして怖れられる。
  • ヤザイモン蛸(やざいもんだこ) :香川県に伝わる大蛸の怪。八左兵門という男が昼寝している大蛸の足を1日1本ずつ足を切って持って帰っていた。あと1本というときに、大蛸が八左兵門を海に引き込んだという。
  • 蛸地蔵(たこじぞう) :天性寺。大阪府岸和田市にあり、岸和田城落城の危機に、大蛸に乗った地蔵の化身が城を救ったという伝説がある。又、南海本線蛸地蔵駅の由来にもなっている。
  • 蛸薬師(たこやくし) :永福寺。京都市中京区に所在。僧が病の母を思って、母の好物のタコを戒律を破ってまで買ってきたところ、そのタコが池に飛び込んで光明を放ち、病がたちまち快癒したとの伝承があり、この異名で知られる。蛸薬師通の由来にもなった。
  • タコは芋が好物で、海から上がってイモ畑のイモを盗むという俗説があった。
日本以外
  • クラーケン :北欧の伝説に登場する海の怪物。中世から近代にかけて語られた怪物であり、古代の北欧神話には登場しない。
  • カナロア :ハワイの創造神話に登場する海神。

言語

故事成語
  • 土用の蛸は親にも食わすな
  • 麦わらダコ(蛸)に祭りハモ
タコのつく言葉
  • 蛸壺
  • ひっぱりだこ :人気のある人物や物が多くの人に求められる状態を言う日本語。また、近世以前は、磔刑およびその受刑者を意味する比喩表現であった。「引っ張り蛸」とも「引っ張り凧」とも記すが、語源は、タコの乾物を作る際に足を四方八方に広げて干す、その形に由来しており、したがって、前者が本来の用法と言える。
  • 蛸入道(たこにゅうどう) :[仏教関連用語、ほか] 仏教における入道者に対して、強いからかいの意を持って用いられる蔑称。頭髪を剃り上げた坊主頭がタコの胴と似ていることから呼ばれる。転じて、ファッションとしてのスキンヘッドや、薄毛の人に対しても言う。これらは事実上、男性に対してのみ用いられる。また、動物のタコを愛称的含みを持ってそのように呼ぶこともある。
  • 蛸、たこ、タコ :[土木用語・農業用語] 重さをもって地面等の基盤を突き固める道具(棍棒・槌などといった突き棒)、すなわち、撞槌(とうつい)などの俗称的呼称。蛸木(たこぎ。たこ木、タコ木)の略称。名の由来は、大型で専用の撞槌には数本の持ち手が付いていて、形状全体が複数の足を持つタコの姿に似ていることにある。英語で 英: rammer及び英: punner (その一語義)と同義であり、よって、「ランマー」「ラマー」「ラム」「プンナー」とも呼ぶ。
  • すかんたこ :[方言] 好かん蛸。京言葉で「好きではない人」「好きになれない人」の意。関西弁で言う「すかんたれ(好かん垂れ)」の異形。
  • タコ部屋労働
  • タコ棒 :[内燃機関] ポペットバルブの気密を保つために研磨を行う際、持ち手として取り付ける棒。先端に吸盤があり、これでバルブを吸いつけて作業する。
  • 蛸足(たこあし)
  1. [電気関連用語] 蛸足配線。
  2. [動力機械関連、俗語] 等長化されたエキゾーストマニホールドを指す俗称。等長化のためタコの足のようにうねっている。
  3. [建築物? 不動産? 教育? ] 日本の大学のうち、キャンパスが複数の箇所に分散している形態→蛸足大学
  • 蛸配当 :[株式用語] 自らの足を食うタコになぞらえて、経営状況の悪化を取り繕いごまかすことを目的とした「株主への自殺的な配当行為」を言う。
  • タコ麻雀 :漫画『ぎゅわんぶらあ自己中心派』で挙げられていた奇怪な打ち筋、言動など。
  • タコ :[野球用語] ヒットが打てないことを指す言葉として使われる。例えば、4打数ノーヒットの場合は「4タコ」と言う。

派生した俗語

  • タコになる
大相撲の隠語で、思い上がって天狗になり周囲の言うことを聞かなくなること。若いうちに関取になったり三役・横綱に昇進した場合に、兄弟子や親方のいうことを聞かなくなったりする力士のことを指す。「タコ釣る」ともいう。
  • タコ殴り
日本の俗語で、袋叩きにすること、または原型をとどめないほどにボコボコに数多く殴ることを指す。「タコにする」ともいう。
徳島観光