ED治療薬が医療保険の対象に

ED治療薬が医療保険の対象に

ED治療薬とは男性機能の改善を目的とした医薬品です。今までは医療保険の対象外となっていたために、患者が全額実費で購入するものでした。1錠当たり1000円以上するので、なかなか手が出ないのが現状でした。しかし、2022年からED治療薬が医療保険の対象となることが決定しました。そのために、これからはED治療薬に保険が適応されるので患者の負担が軽減されることが見込まれています。

 

しかし個人輸入を行うことで海外からED治療薬を安価に直接取り寄せることも可能です。また、ED治療薬のジェネリック薬もあるので、そちらの方を選択されることで、1錠当たり100円という種類のものもあります。現在でも個人輸入を利用してED治療薬を購入される方がたくさんおられます。

 

医療保険に適用されるED治療薬は種類が限られていています。決まっているものとしてバイアグラとシアリスがあります。どちらも病院で処方してもらうことができていましたが、診察料金と加えると処方してもらうのに1万円は軽く超える価格となっていました。

 

これからは医療保険の適用になるということで価格が下がることが見込まれていますが、個人輸入にて購入されてもそれほど価格に違いがあるということはないようです。

 
このページの先頭へ戻る